ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」

編集部こぼれ話「PLUS Chat」

  ある町並み保存地区で、町家再生にかける人々の奮闘を一年に渡り追ったドキュメンタリー映画。それが『まちや紳士録』です。 今回、東京は谷根千と呼ばれる地域にある「谷根千工房」にて、試写会を見てきました。       関東大震災以前に建てられた蔵「谷根千工房・・・

今回「灯り」特集を制作するにあたり、お話を伺った方がいる。 その方は、“照明作家”谷俊幸さん。——日本の伝統工芸の技術を使いながら、現代の生活スタイルに合う、オリジナルの照明を作り続けている人だ。   実は、数年前、キャリアスクールでエディターの勉強をしていた時、卒業制作のフリーマガジンに・・・

2013年の最後を飾るURBANの特集企画「牡蠣」。 お楽しみいただけましたでしょうか?   今回取り上げたスポット以外でも、「駅前に牡蠣食べれるとこできたよ〜」とか「あそこでも牡蠣メニュー始めるみたい」とか数多情報を耳にするほど、やっぱり牡蠣ブームは静かに来てるのかな?と思わずにはいられ・・・

さてさて今回、東京都にある美術館のカフェ・レストランにお邪魔をしてきた編集Uですが、感じたのはやはり、「日常にはない空間でくつろぐって最高!」ということでした。 美術館に入ると分かる凛とした空気、磨かれた床に響く足音、ゆったりと流れる時間…そんな優雅な雰囲気を今回の特集で少しでも感じてもらえたら幸い・・・

スイーツもランチもフレンチトーストがオススメですよ!!! こんにちは!横浜フレンチトースト布教委員会(今作りました)会員第1号の編集部Nです。   今回思い知らされましたがフレンチトーストは本当に奥の深い食べ物でした。 知れば知るほどフレンチトーストが卵液に浸るように私も幸せに浸りまして体・・・

  『霧笛楼Café Next-Door』のフレンチカレー。 おいしくいただいてしまった編集部Sですが、 実はこのカレー、レトルトでも販売しているってご存知でしたか? 霧笛楼フレンチカレー(1箱840円) http://www.mutekiro.net/category/RETORT0・・・

  『アルペンジロー』。その店名からは、およそカレー専門店とは想像がつかないですよね。 “ジロー”は、同店の独特のカリーを産み出した、代表取締役の沼田治郎さんからとられたもの。 では“アルペン”は?   沼田さんは、昭和46年から『アルペンジロー』の開店前まで、群馬県は尾瀬のス・・・

  いや〜凄かったですね。こちらの「野菜ビーフカレー」は! ボリュームが半端ないのにもたれずに食べられたことが驚きでした。 (その前に2食ほど食べてるんですけどね〜)   それもこれも、誌面でも少しお話ししたとおり、 店長の藤原さんのこのメニューにかける思いがなせる技なのです。・・・

  “創作において大事にしていること”   『それは一瞬の情景から次の場面を想像させること。   立体構成の中に「時間と動き」と取り入れる。その造形美を大切に―。   形や表情を追求していく中で。生まれるものと対話し、繋ぎとめる』   とは桂盛仁先生・・・