1965年創業 定番和菓子や新感覚和菓子も揃う 大倉山「御菓子司 わかば」|アーバンプラス URBAN-PLUS タウン情報誌アーバン(WEB版)

ホーム > あのまちのスイーツ > 1965年創業 定番和菓子や新感覚和菓子も揃う 大倉山「御菓子司 わかば」

あのまちのスイーツ
1965年創業 定番和菓子や新感覚和菓子も揃う
大倉山「御菓子司 わかば」

2019年1月3日

新年あけましておめでとうございます!

今年も美味しいスイーツをたくさんご紹介いたしますので

どうぞよろしくお願いいたします。

年始はやっぱり和菓子が食べたい 🙂 ・・・という事で新年1回目は大倉山、

ご紹介するのは1965年創業の老舗和菓子店「御菓子司 わかば」さんです。

大倉山で本店・エルム通り店の2店舗を展開している同店。

今回はエルム通り店におじゃましました。

 

 

 

 

 

和菓子がずらりと並ぶショーケース。

定番からちょっと変わったお菓子まで数多くの商品が並んでいます♪

和菓子好きにはたまらないですね 😳 

チーズどら焼や、バターレーズンどら焼など気になる商品がたくさん!

みんなご紹介したいところですが、

今回は、今が旬のあの果物を使ったスイーツと、

人気の新感覚和菓子をご紹介します!

 

 

 

いちご大福 200円(税別)

 

 

この季節の大人気商品いちご大福。

風味豊かなこし餡を、杵つきした山形県産ヒメノモチ100%の餅生地で包み、

瑞々しい厳選苺をトッピング。

無添加のため甘さも控えめ、素材の良さを活かした優しく上品な味わい。

お店のこだわりが伝わってくる逸品です 🙂 

数時間で売切れてしまう事もあるようなので

早めのゲットがおすすめです。

 

 

 

イチゴオレ大福(右)170円(税別)

カフェオレ大福(左)170円(税別)

 

 

イチゴオレ大福は甘酸っぱいイチゴ風味の特製あん、

カフェオレ大福は白あんをベースにコーヒーを練り込んだほどよい甘みの

オリジナルあんを使い、

さらにどちらも北海道産の生クリームをプラス。

それらを最高級の求肥といわれる滋賀羽二重餅で包んだ

やわらかもちもち食感のスイーツ。

懐かしくも新しい美味しさを楽しめます ♪

カフェオレ大福は最近見かけるようになりましたが

いちごオレ大福は初めて見ました!

おもたせにしても喜ばれること間違いなしです 😳 

 

 

伝統的なお菓子づくりの技法を引き継ぎながら、

常識にとらわれない斬新なお菓子づくりも行っている同店。

世代問わず愛され、リピーターが多いのも納得です!

地元横浜にちなんだ商品もあるので

お土産を買うのにはもちろん、

これから観梅シーズンを迎える大倉山公園で

同店の和菓子といっしょに春を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

 

※この情報は2019年1月現在のものです。

 情報は変動する場合がありますのでご了承ください。

※下記店舗情報は本店のものです。

 エルム通り店に関してはお問合せいただくか公式HPをご覧ください。

 


お店の名前 御菓子司 わかば
住所

横浜市港北区大倉山3-63-12
アクセス 東急東横線 大倉山駅徒歩9分
電話番号 045-531-6233
営業時間 9:00~19:00営業
定休日 火曜定休(本店・エルム通り店共に)
ホームページ https://wagashi-wakaba.jp/