ホーム > アーバンプラス特集記事

アーバンプラス特集記事

SEN

行灯の小さな光で夜を過ごした昔の日本人のように、夜を本来あるべき休息の時間として力を抜いて過ごしたい、そんな人が今、増えています。 高度経済成長期に家庭に普及した蛍光灯の、全てをまんべんなく照らす「照明」ではなく、一日の終わりに心身をリラックスさせてくれるほのかな「灯り」。そんな灯りを持つことは、・・・

牡蠣探訪 冬の横浜編

『かき小屋○座 横浜西口店』の名物「室津牡蠣」。 森林や清流に恵まれた上質な水を誇る室津湾で、品評会で日本第3位に選ばれた「住栄丸」の津田さんが 育てる牡蠣は、「1年かき」と言われています。2~3年かけて育てる牡蠣が主流の中、津田さんは豊かな室津の環境を活かして1年で育てます。実は、育成期間は短くな・・・

三菱一号館美術館

深まる秋。街路樹は色づき、感性も冴えるこの時期は、ゆっくり芸術に触れる絶好の季節です。美術館が一年の中でも大きな企画展を開くことが多いのもこの季節。話題の美術展に「もう行った」というあなた、美術館のカフェには足を運びましたか?美術館に併設されているカフェ・レストランは、コーヒーを飲みながら美術鑑賞の・・・

訪問着でおもてなし

訪問着でおもてなし

2013年10月17日
きもの気分が最高に盛り上がる季節「お正月」がやってきます。初詣やお年始、結婚式やパーティーにも「きものが着たい!」という気持ちになるから不思議。新春のお集まりの席に、エレガントなきもの姿でおでかけしてみませんか。 TPOによって帯や小物を変えれば幾通りにも着まわせるのが、きものの楽しみ方。カジュアル・・・

横浜フレンチトースト

朝食などでお馴染みのフレンチトーストですが、最近では専門店が続々登場したり、女性向け雑誌で特集が組まれたりと注目を集めており「パンケーキの次に流行る」とも言われています。 フレンチトーストはフランス語で「失われたパン(pain perdu:パンペルデュ)」と呼ばれ、牛乳や卵に浸すことで硬くなっ・・・

サマーデイズ カリーライフ

日本人の大好物「カレー」。各種統計によると、私たちは一年に約78回カレーを食べているとされています。つまり、週に1回以上は何らかの形で食べていることになるのです(驚)。そして季節は夏。なぜだか、いつも以上に「カレーが食べたい!」衝動に駆られる方も多いのでは?そこで今回は、本誌編集部が独断で選ぶ、この・・・

伝統彫金の世界

2013年6月6日
 銀座の繁華街からほど近くにある、彫金工房「METAL HEARTS(メタルハーツ)」を訪ねました。桂盛仁さんが指導する彫金教室が開かれるその日。静謐な工房には、コツ、コツ、コツと鏨(たがね)を地金に打ち込む音がリズミカルに響き渡っています。  彫金とは金・銀・銅などの金属を、彫ったり打ち出した・・・

髭僧の滝

横浜駅から電車で約1時間、神奈川県央の西部に位置する秦野市では至るところで豊かな水の恵みに触れることができます。 全国で3番目に近代水道事業を始めるなど、水との関わりや水に対する意識が非常に高い土地柄。様々な水に対する取り組みや、弘法大師の故事に由来する「弘法の清水」などがあることから、「秦野盆地湧・・・

やっぱりナポリタンが好き!

 子どもの頃みんな食べた懐かしのナポリタン。どこの喫茶店にもたいていあって、子どもから大人までみんな大好き! 庶民の味です。  実はナポリタンはここ、横浜で生まれました。その歴史を振り返ると、第二次世界大戦の終戦後、進駐軍に接収されマッカーサーも滞在したホテルニューグランドで、2代目総料理長・入江・・・