ホーム > アーバンプラス特集記事 > 工場夜景クルーズ

工場夜景クルーズ

2012年9月6日

工場夜景クルーズ

~眼前に広がる工場の煌めき~
暗闇から突如現れる工場のイルミネーションは、まるで宇宙ステーションのようでとても幻想的。炎が吹き上げる煙突は迫力満点で、昼間から想像が出来無い程の夜景に感動すること間違いなし。川崎臨海部に展開する京浜工業地帯のナイトクルージングは、今や若いカップルから中高年のご夫婦まで幅広い年齢層で利用され、一時的なブームと言うよりもはや人気の観光スポットとして定着した感もあります。
今回の特集では、工場夜景ツアー企画のプロフェッショナルに厳選いただいた川崎~横浜のおすすめview pointをご紹介。9月以降に参加可能な工場夜景ツアーのご紹介もあります。この秋「工場萌え」必至な特集です。

「昭和電工(扇町)」
川崎臨海部では最大規模のプラント。要塞のような荘厳な佇まいは、思わず息をのむほどの美しさ。かながわ観光大賞を受賞した「工場夜景ジャングルクルーズ」の中でも最大の見どころとなっている。


工場夜景クルーズおすすめviewpoint

「工場夜景ジャングル・クルーズ」など、 数々の人気工場夜景ツアーを企画する
(株)KMCコーポレーションの『リザーブドクルーズ』
今回は同社唯一の女性船長である島崎さんに、 工場夜景クルーズの見どころを教えてもらいました!

spot1

JX日鉱日石エネルギー川崎製造所

「メタリックな精油プラントが広がる様は、まさに近未来的な雰囲気。水上からならではのパノラマビューイングで、何にも邪魔されず絶景を独り占めしているかのようです。水面に反射する光が、まるで光のシャワーみたいに眼前に広がります。」

JX日鉱日石エネルギー川崎製造所
spot2

東燃ゼネラル石油

「注目は何と言ってもフレアスタック(煙突から吹き出す炎)。余剰ガスを無害化するために焼却するときに出る炎です。日によってその大きさは異なりますが、条件が揃えば、闇空の中で煌煌と光るオレンジ色の大きな炎を見ることができます。遠目で見るよりも、間近で見る迫力はやっぱり圧巻ですよ。

東燃ゼネラル石油
spot3

みなとみらい

「工場ではないのですが、横浜の名所を楽しめる定番の人気スポット。海から見るみなとみらいの夜景や夜のベイブリッジは、陸上から見る景色とはまた違った新鮮な印象です。観光客の方はもちろん、普段横浜で生活するみなさんにも、ぜひ見ていただきたいですね。」

みなとみらい

お話を伺った方

 

person
リザーブドクルーズ

1級小型船舶、4級海技士(航海・機関)の資格を持つ女性船長。
操縦はもちろん、船内ガイドも華麗にこなす。

【工場夜景クルーズのお問い合わせ】
『リザーブドクルーズ』
tel.045-290-8377
http://www.reservedcruise.com/

9月以降も楽しめる!URBANおすすめナイトクルージング

cruise1

工場夜景ジャングルクルーズ

かながわ観光大賞を受賞。全国的な工場夜景観賞ブームの火付け役となった、超人気プラン。赤レンガパーク桟橋 ピア赤レンガから出発し、京浜運河、川崎港、塩浜運河、田辺運河、池上運河の工場を巡覧します。

工場夜景ジャングルクルーズ
data
■料金/大人4,500円、小人2,250円 ※2歳以下無料
■運行日程/9月は毎週土・日曜の18:00~約90分
http://yokohama-cruise.com/jungle.php
cruise2

工場夜景アドベンチャークルーズ

根岸湾の工場地帯が舞台。“光の城”と呼ばれる「JX日鉱日石エネルギー」の工場プラントの煌めき。次から次へと間近に迫る硬質な容姿に、心躍ること間違いなし。ピア象の鼻桟橋から出航し、南本牧沖、根岸、磯子方面の工場を巡覧します。

工場夜景アドベンチャークルーズ
data
■料金/料金/大人4,800円、小人2,400円 ※2歳以下無料
■運行日程/運行日程/9月15日(土)18:00~ 約100分
http://yokohama-cruise.com/adventure.php
cruise3

星の降る★カフェシップ

赤レンガパーク桟橋より出航。みなとみらいエリアのイルミネーションを眺め、ゆっくりとドリンクを味わっていただく約60分のクルーズ。横浜を代表する夜景名所を巡りながら、宝石をちりばめたかのような星空のロマンチックな瞬きを堪能できます

星の降る★カフェシップ
data
■料金/大人2,500円
■運行日程/毎週土曜・日曜1日1便運航 約60分。
http://yokohama-cruise.com/hoshicafe.php

【WEB限定】編集部こぼれ話を公開中!

記事では見えないリアルな取材風景。
残念ながらカットしたあんなネタ、こんなネタ。
そこはかとなく書きつくった今回の「編集部こぼれ話 Plus chat」はコチラ↓↓