ホーム > アーバンプラス特集記事 > ひんやりぷるぷる… 夏のジュレスイーツ

ひんやりぷるぷる… 夏のジュレスイーツ

2012年8月2日

霧笛楼 Cafe Next-door

 “暑さ”を感じる感覚は、実際に皮膚で感じるだけでなく、五感すべてが大きく関わっていると言われています。昔からある夏の風物詩、風鈴や花火、金魚鉢などは、聴覚や視覚から涼を上手に取り入れてきた日本人の「粋」が形になったもの。  今回ご紹介する夏のデザートは、まさに涼を目で、舌で感じることができる「ジュレ」が主役のスイーツです。昔からあるお手軽なゼリーから一歩進んだ、まるでそれだけで一つの世界を作っているような上質さと特別感を感じる「ジュレデザート」。暑さの厳しい今だからこそより美味しく感じられる、そんな夏に感謝して、さあ一口、味わってみませんか。

涼を演出するジュレ×3つの出会い

ガラスの欠片のようにきらめくジュレにぎゅっと閉じ込められた、彩り豊かな甘~い果実。
「和の極」¥399 霧笛楼 シェフパティシエ橘 康志氏

霧笛楼

紀州和歌山の梅を使用し、抹茶クリームと青梅ジュレ、ブランマンジェの層の中に、優しい甘さの和三盆のジュレが隠れています。上品かつ優しい味わいは、それぞれを一緒に食べるとさらに新しい味わいに。夏の果実をたっぷり使用した「ジュレ ド フリュイ」「ペーシュ ド バニーユ」もあり。3種類出ている中でも、この「和の極」は、一番人気のため今年も販売になったそう。「和」そのものを表現したような逸品。

SHOP INFORMATION
Cafe Next-door
住所 中区元町2-96
営業時間 平日/11:00~19:00(L.O.18:00)
土・日・祝日/11:00~20:00(L.O.19:00)
休業日 月曜不定休
TEL 045-641-2538
HP http://www.mutekiro.com
霧笛楼

C3(シーキューブ)  				)

マシンで本格的に抽出したエスプレッソを使った香り高いゼリーを、『シーキューブ』の一番人気のティラミスと合わせました。エスプレッソのアロマを生かした少しほろ苦いエスプレッソゼリーは、北海道マスカルポーネたっぷりのなめらかなティラミスクリームと一緒に食べると相性抜群。大人だから分かる、「コーヒーゼリー」とは比べ物にならない深い味わいを是非!

「夏のティラミス」¥420
SHOP INFORMATION
C3 (シーキューブ)
住所 西区高島2-18-1 そごう横浜店B2
営業時間 10:00~20:00
TEL 045-450-5166
HP http://www.ccc-c3.jp/
C3 (シーキューブ)
「デザート・フリュイ」¥1050

アンテノール

バニラ風味のババロワに色とりどりのフルーツをたっぷりのせ、ゼリーを重ねたデザートケーキ。夏にぴったりの涼しげな見た目と、甘さ控えめの上品な味わい。サクサクのタルト生地がそれぞれの食感をさらに引き立たせています。

SHOP INFORMATION
アンテノール
住所 西区高島2-18-1 そごう横浜店B2
営業時間 10:00~20:00
TEL 045-465-2488
HP http://www.antenor.jp/
霧笛楼

【WEB限定】編集部こぼれ話を公開中!

記事では見えないリアルな取材風景。
残念ながらカットしたあんなネタ、こんなネタ。
そこはかとなく書きつくった今回の「編集部こぼれ話 Plus chat」はコチラ↓↓