ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > この坂を行けば、どうなるものか…

この坂を行けば、どうなるものか…

2012年7月5日

 

“燃える闘魂”も嫌いではないのですが、それはまた別の機会に。

 

梅雨と台風がせめぎあう6月某日。

奇跡的な快晴&猛暑の中、この心臓破り坂をのぼっていたのは、何を隠そう私だけでした(笑)

そうまでして、なぜ?と聞かれれば…

 

 

おいしいビールが飲めるからだぜぇ〜!

 

 

もちろん仕事でやむを得ず、ですから♪

 

今回のビアスポット特集でお邪魔したのは、元町・中華街ほど近くの『山手十番館ビヤガーデン』

外国人墓地に沿う「貝殻坂」をのぼった目と鼻の先にあります。

このレストランを運営する横濱十番館の浅羽さんに、何から何までお世話になっちゃいました。

 

 

どこまでも落ち着きはらった柔らかい物腰。

しかしひと度ビールの話題になれば、ご自身が飲まれた珍しいビールやこだわりのお店など、メモする暇もないほど溢れ出す情報量!

 

 

例えば、沼津発祥で馬車道・原宿・中目黒にもお店がある『タップルーム』

 

浅羽さんがお財布から取り出したのは、同店の「のんべえはしご券」というカード。

10 杯分のお値段で12杯飲めるものらしく、裏面はすでに12個のスタンプがコンプリートされているし…。

ダンディな雰囲気とは裏腹に、飲みっぷりは相当ワイルドと見えます(笑)

※「のんべえはしご券」は期間限定かもしれません。悪しからず

 

 

また後日、原稿のFAX校正時に、修正とともに添えられた名刺のコピーが…

『una casa de gb gb El Nubichinom(エル  ヌビチノ)』

ビールの酵母の味を楽しめる、と某サイトの口コミ。こちらも要チェック!

 

 

 

さてさてお待ちかね、メインイベント「撮影」の時間です。

開店前とあって、日もまだ高くお客さんも当然いません。

(浅羽さんとカメラマンH氏。焼き物待ちの間に打ち合わせ中)

 

H氏の絶妙なカメラワークあり、

店舗スタッフさんの細やかな配慮あり、

さらには浅羽さんが生ビールを注いだり泡立てまでしてくださって…

それなのに誌面ではほんの小さなサイズになってしまったので、ここでドカ〜ンと一発!

 

 

おいしそうでしょ?

お世辞抜きにホントに絶品!(そう。食べました♪)

ついでに、浅羽さんから「飲んでいってください」という神のお告げ!? ゴッドブレス!?

この日はカメラマンも車で来たので飲めず。ということは…

 

まさかの “1 on 2”! ジョッキ2杯!!

 

撮影後だけに少々ぬるめながら、昼間のビールは禁断の蜜の味。

庭園の開放感も相まって、すっかりほろ酔い気分でした!

 

 

誌面にも書きましたが、今年からBBQコースご注文の方に限り1,800円の飲み放題もスタート。

わが家のような“notセレブ”でもぜんぜん行けちゃう良心的な価格設定です。

ワンちゃんOK、お子さま連れOK、でもやっぱり雰囲気は山手な感じをキープしてて、落ち着いてます。

 

キリン派の田舎の父を連れて、ぜひプライベートでいってみたいですね!

そして、

 

この企画、来年もやろうっと!

 

そう固く心に誓った、編集部Sでした〜♪