ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > ライター3人の感性がぶつかりあった!? 春パスタ企画

ライター3人の感性がぶつかりあった!? 春パスタ企画

2012年3月1日

今回の春パスタ特集。

3店の取材&撮影を、実はたった4時間ほどで敢行しました。

 

14:30 ´O Pulecenella(オ プレチェネッラ)

16:00  AWkitchen  横浜モアーズ店

17:00 トラットリア   フランコ

18:00 終了

 

企画を出した時は、「美味いパスタが食えるぞ〜」と期待に満ちあふれていた私、編集部員S。

しかし現実のスケジュールは… 「ゆっくり食ってる場合じゃない!」

 

そこで編集部員UとTに手伝ってもらうことを決意。

1・2店舗目の試食と取材は彼女たちに泣く泣くお願いすることになりました。

 

 

 

´O Pulecenella(オ プレチェネッラ)/担当ライター:編集部U

知らないことだらけで本当に勉強になるお話ばかりでしたが、

特に驚いたのが3/1発行の横浜東・川崎版限定で本誌P.1を飾った

「キタッラ桜えびとそら豆のアーリオ オーリオ ペペロンチーノ」

 

メニューを写真を見ただけでは“驚き”は伝わりにくいとは思うのですが…

実はこのキタッラという麺、いわゆる「ギター」に由来するものなのです。

イタリアの家庭では、この麺をまさに自家製で作っているのだとか。

ご覧ください!この奇妙な器具を。

延ばしたパスタ生地をこの上にのせて、その上を麺棒を転がすと断面が正方形のパスタとなって下へ落ちてくるという仕掛けなのです。

 

遊びゴコロもありつつ、手打ち感をさらに引き立てるスグレモノ=キタッラに、拍手!!

 

 

 

 

VEGETABLE’S PASTA HOUSE  AWkitchen/担当ライター:編集部T

ここでは撮影の難しさを思い知らされることに。

編集Tが美味しそうに同店名物の「AWキッチン 畑のオールスター」を食べている間、カメラマンと私は麺「スパゲッティーニ」の撮影に苦戦。

あの手この手は尽くすのですが、なかなか決まらない…

ああでもない…

 

こうでもない…

 

で、結局決めたのがこのカット。

様にはなった気がしますが、他にももっとアイディアがあったかも?

ここでもまだまだ勉強が必要だな〜と痛感した次第です。

 

 

 

トラットリア  フランコ/担当ライター:編集部S

ようやく食べられる〜っ!

思えば朝メシもランチも抜いて、絶食20時間超…。その間、美味そうなパスタを頬張る編集女子を尻目に、ひたすら撮影の立ち会いに専念してきた私。

 

実はこの店のメニューは、あえてあらかじめ決めずにおいてました。

「食材や色味などが前の店舗と被らないように」そして「3店舗目の試食でも飽きずに食べられるように」との粋な計らい。

ありがとうございます! (…ま、食べるのはこれが最初なんですけどね〜)

 

空腹も手伝ってか、「がっつり目でいきましょう!」と素でオーダー。

ここでご提供いただいたのが「乳飲み仔羊とホワイトアスパラのアブルッツェーゼ」でした。

 

写真はホワイトアスパラ。アーバン誌面には使いませんでした。

この企画では、各メニューの旬の食材をピックアップしているのです。

もちろんこれも美味しいのですが、それにも勝って特徴的だったのは、やっぱり「乳飲み仔羊」なのです。

ほんとに臭みがなくて、苦手な人でもまず大丈夫じゃないかと思える絶品でした!

 

ただ、他のパスタみたいに食材のビジュアルを掲載することができませんでした…

やっぱり、見ちゃうと食べづらいものですからね。

という訳で、「乳飲み仔羊」だけはNO IMAGEな感じで仕上がっていますので悪しからず。

 

 

 

3店舗の紹介テキストは、別人格の3人が書いています。

みなさんはどのメニューが一番気になりましたか?

いずれも時期によって食材や料金などが変わることもあり得ますので、ぜひお問い合わせの上で足を運んでみてくださいね♪