「ONE MORE CHATTER」子宮から地球を変える? 真相を確かめにオシャレな代官山~自由が丘へ|アーバンプラス URBAN-PLUS タウン情報誌アーバン(WEB版)

ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > 「ONE MORE CHATTER」子宮から地球を変える? 真相を確かめにオシャレな代官山~自由が丘へ

「ONE MORE CHATTER」子宮から地球を変える? 真相を確かめにオシャレな代官山~自由が丘へ

2011年12月30日

 

明日はついに大晦日…そして思った以上に寒い。

女性に冷えは大敵です! でも自分では予想だにしなかった部分から体を冷やしているとしたら?

そんな、今までの常識がくつがえったこの冬の体験についてお話ししましょう。

 

 

きっかけは電車の中吊り広告(吊られていない方の貼ってあるやつでしたが)。

東横線通勤の私がずっと気になっていたお店。

今回の企画で「好きなお店で楽しんでいらっしゃい」と言われたので迷わずこちらにお邪魔することにしました。

 

 

「キャー! オシャレな雑貨屋さん♪ さすが代官山ね」と思われた方、違います。

いや、代官山は合っているのですが雑貨屋さんではありません。こちらは布ナプキン専門店「REMEDY GARDEN(レメディガーデン)」さん。今年の夏のオープンしたばかりの女性に話題のお店です。

「布ナプキンって何?」と思われた方、そうでしょう、そうでしょう。私も初めて広告を見たときは食事の時に使ったりするナプキンかと思いましたよ。布ナプキンは生理の時の必需品である布製のナプキンです。便利で機能的な使い捨て商品が多数出ている中で、なぜ今“布製”が注目を集めているのか?!

 

中へ進むと「いらっしゃいませ」と優しく対応し、丁寧に相談にのってくれる女性スタッフさん。全然何をどう選んだらいいのかわからない初心者でも、これなら安心して選ぶことができますね。えっと、どれにしようかしら…

 

意外に広い店内。ディスプレイの仕方がオシャレで女心を揺さぶります。

 

こんなカワイイ柄なら思わずたくさん集めてしまいそう♪

 

実はこちらは自由が丘店。時間が前後しますが交渉のあとで行ってきました。

 

こちらも自由が丘店。スタッフさんのおすすめはリネン素材のレメディガーデンオリジナル商品。

 

 

(時と場所は代官山に戻って…)

…ってチガウチガウヨ~、独特のゆったりとした雰囲気が心地よくて普通に買い物をし始めるところでした。本題は「なぜ布製をすすめるのか」ということ! そこんとこ教えて、スタッフさん!

 

「紙ナプキンは便利ですよね。でも実は様々なマイナス影響を女性に与えてしまう場合があるんです。例えば、紙ナプキンに使われている高分子吸水ポリマーは熱を下げるときに使う市販の冷却シートと同じ原理なので、下腹部を長時間冷やし続けることになります。また、紙ナプキンの原料は石油を原料とする化学物質なので、紙ナプキンを当て続けることはこれらを体内に吸収させてしまうことでもあるんですよ。」

 

え~!! 知らなかった。紙ナプキンが原因で生理痛やPMS、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊、生まれてくる赤ちゃんのアトピーやアレルギーの原因になることもあるそう。

 

「実際に、オーガニックコットンやリネン素材などの布ナプキンを使い始めて『生理痛が軽くなった』『PMSが改善された』『量と日数が減った』など嬉しい声がたくさん届いているんです。布ナプキンはあてるとあったかいし寒い冬にぴったりです。もちろ夏も通気性がよくて快適ですよ!」

 

ほ~、すでに効果を感じている方がたくさんいらっしゃるんですね~。店内に紙ナプキンと布ナプキンのメリット・デメリットが一目でわかる表を見つけたので参考に見てみてください。

 

私が注目したのは金銭面とゴミ。使い捨てだと毎回買わなきゃいけないし、ゴミも出るから地球にも良くないですよね…。

 

 

でも布ってなんとなく頼りない気が。なんて言っていたら衝撃の事実が! 月経血ってコントロールできるらしいです! つまり溜めといてトイレで出すことができるんだとか。女性ってすごいですね。トレーニングが必要ですが、便利な紙ナプキンが登場する前の着物の時代の女性はみ~んなできていた女性が本来持っている機能らしいです。もちろん、布でもちゃんと不安の無いように使える商品もちゃんとあります。でも、これができたら色々と楽だと思いません? 詳しくはレメディさんのホームページをチェックです。

 

というわけで、布ナプキンを始めれば身体にも地球にも優しい生活に変われるというわけです。気になった方、以前から気になっていて迷っていた方、選択肢の一つとして実際にお店で見て、説明を聞いて一度試してみてはいかがでしょうか。と、キレイに終わりたいところですが、そうです、プレゼントをねだらなくてはいけないのです。

 

 

「URBANPLUS読者に何かください!」

 

さあ、どうなるのでしょうか? 交渉の結果は1月3日に発表です!

 

 

 

【今回のお店】

REMEDY GARDEN代官山店

OPEN 11:00-20:00 年中無休(年末年始を除く)

TEL: 03‐6416‐0585


〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町24−2

 

 


REMEDY GARDEN自由が丘店
OPEN 11:00-20:00 年中無休(年末年始を除く)

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-20-19 K&F自由が丘2F

TEL: 03-6421-4528

 

東京都世田谷区奥沢5丁目20−19