ホーム > アーバンプラス特集記事 > 一足早い春を感じる 観梅スポット 横浜

一足早い春を感じる 観梅スポット 横浜

2012年1月5日

「東風吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」と菅原道真が詠んだ歌は有名ですね。奈良時代から平安初期の頃まで、「花」といえば、梅の花のことを指すことが多かったそう。厳しい冬の寒さを乗り越え、春の訪れを告げてくれる小さな花を見れば、ほっと笑顔になる人も多いのではないでしょうか。

梅は元々中国から伝来したと言われ、有名な杜甫や李白の漢詩にも多く詠まれています。日本では江戸時代に品種の改良がさかんに行われ、現在では300種以上もあるそう。名前も「初雁(はつかり)」「紅冬至(べにとうじ)」「道知辺(みちしるべ)」「御所紅(ごしょべに)」「古金欄(こきんらん)」…字を見ているだけでその美しさを思わせる、個性的なものがたくさんあります。

桜よりも主張は少なく、しかしひっそりと奥ゆかしい香りを周囲に漂わせるさまは、「和」を感じられる日本の心そのもの。今回は、春を一足先に運んでくれる梅の花を観賞できるスポットをご紹介します。早春の暖かな日差しの下、和の心を味わいに、梅のお花見に出かけてみてはいかがでしょうか。桜とは違った日本の魅力を、再発見できるかもしれません。


かぐわしい香りに誘われて…早春の花を求め横浜へ

三溪園
三溪園
園の創設者・原三溪が梅約2,000本を移植したのが明治41年。横たわる竜のような「臥竜梅」は特に有名で、日本画家・下村観山が屏風絵のモチーフにしたこともよく知られています。
第二次大戦中に梅林は大きな被害を受けたものの、横浜市の友好都市である上海市から贈られた紅梅・緑萼梅(りょくがくばい)などが加えられ、現在梅の木は約600本を数えます。
三溪園茶寮

園内にいくつかある茶店の中でも、特に甘味が充実しているのが三溪園茶寮。
人気メニュー「おままごと」は、みつまめ、おしるこ、ところてん、コーヒー、クッキーなどがミニチュアの器に可愛らしく盛られた一品(700円)

三溪園_抹茶処_望塔亭

抹茶処 望塔亭では、オリジナルの落雁のお菓子と抹茶が1服500円で楽しめます。
※1/26(木)・28(土)は臨時休業

information

住所 横浜市中区本牧三之谷58-1
開園時間 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
休園日 12月29〜31日
入園料 一般(中学生以上)500円、こども(小学生)200円、65歳以上のシニア300円
交通 JR根岸線根岸駅からバス10分「本牧」下車 徒歩7分、横浜駅東口からバス35分「本牧三溪園前」下車徒歩3分他
TEL 045-621-0634または0635
HP http://www.sankeien.or.jp
こどもの国
こどもの国
約650本の白梅、紅梅、豊後梅が1月~3月にかけて徐々に咲いていきます。
2月中旬から3月上旬にかけてがもっとも梅がきれいな時期で、天気の良い日にはあたり一面に梅の花の香りが漂います。緩やかなこう配の芝生にシートを広げてお弁当を食べる親子連れの姿もあり、うららかな早春の一日を過ごすにはぴったりです。
こどもの国_「梅まつり」
「梅まつり」
●平成24年2月18日(土)〜3月4日(日)の土日(計6日間)
屋台10店舗、梅のかざぐるまづくり、ホットミルクの無料配布、大道芸、コマなどの昔遊びを予定。詳細は後日ホームページにて公開

information

住所 横浜市青葉区奈良町700
開園時間 9:30〜16:30(入場は15:30まで)
休園日 毎週水曜日(祝日の場合は開園)、12月31日、1月1日
入園料 おとな600円、中学生200円、幼児100円※幼児は3歳以上です。0〜2歳は無料。
交通 東急田園都市線・JR横浜線「長津田駅」でこどもの国線に乗り換え「こどもの国」下車他
TEL 045-961-2111
HP http://www.kodomonokuni.org
大倉山公園
大倉山公園
梅の名所として有名な大倉山公園は、約30種類約200本の梅が植栽されており、開花時期には観梅客で賑わいます。
園内には横浜市指定有形文化財の大倉山記念館があり、梅の写真コンクールなども催されます。丘陵に位置する園内は山里のような風情があり、近くで梅を観るのはもちろん、周囲の高台から見下ろした白梅と紅梅の風情も良いものです。
大倉山公園_「第24回大倉山観梅会」
「第24回大倉山観梅会」
●平成24年2月18日(土)・19日(日)10時~16時
郷土芸能などのステージや、地元商店街のブース出店があり、大倉山梅酒「梅の薫」の販売も行われます。
隣接する大倉山記念館では、大倉山観梅会写真コンクール(テーマ:梅)の入選作品展も開催しています。

information

住所 横浜市港北区大倉山2
開園時間 入園自由
休園日 無休
入園料 無料
交通 東急東横線大倉山駅徒歩7分
TEL 045-540-2235(港北区役所地域振興課)

【WEB限定】編集部こぼれ話を公開中!

記事では見えないリアルな取材風景。
残念ながらカットしたあんなネタ、こんなネタ。
そこはかとなく書きつくった今回の「編集部こぼれ話 Plus chat」はコチラ↓↓