ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > 横浜は、意外なほどに“牡蠣な街”だった!?

横浜は、意外なほどに“牡蠣な街”だった!?

2013年12月6日

2013年の最後を飾るURBANの特集企画「牡蠣」。

お楽しみいただけましたでしょうか?

 

今回取り上げたスポット以外でも、「駅前に牡蠣食べれるとこできたよ〜」とか「あそこでも牡蠣メニュー始めるみたい」とか数多情報を耳にするほど、やっぱり牡蠣ブームは静かに来てるのかな?と思わずにはいられません。

流行語大賞&ヒット商品番付『あまちゃん』効果もあったかも…。

 

取材にご協力いただいた4店舗様にあらためて感謝するとともに、

誌面に載り切らなかった情報を、もうちょい告知させていただきますね!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

『かき小屋○座』横浜西口店

 

 

こちらはとにかくメニューが豊富!

牡蠣以外にも、新鮮な魚貝類や一品料理がめじろ押し♪

 

中でも人気なのが…

なみえの太っちょ焼ソバ(500円)

 

“本タラバガニ使用”ぶっかけたわらめし(880円)

 

どっちも美味しそうでしょ?

福島県浪江町の郷土料理「なみえの太っちょ焼ソバ」は、太麺の食感がやみつきに♪

「たわらめし」は原価率200%以上♪の採算度外視メニューだけに、1日限定5食です!!

 

※呑んべえなあなたに耳寄り情報!

この店はお酒の持ち込みがOKなんです♪(持ち込み代/600円)

詳細はぜひwebサイトでご確認くださいね。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

『ガンボ&オイスターバー』横浜そごう店

 

誌面でお気付きの方、ありがとうございます!

同店から本誌読者のみなさまに、なんと【1ドリンクサービス】の特典があります!!!

※2014年1月末まで/最大2名様まで/グラスワインorウーロン茶

※ご来店時に「本誌持参」or「本画面をご提示」or「本画面プリントアウトをご提示」にて適用

 

ぜひご利用くださいね♪

 

 

オイスターバーの草分け的存在として有名な同店。

誌面のタパス各種ももちろんオススメなのですが、やっぱり生牡蠣も捨てがたい…ですよね?

 

今なら定番の「旬の生牡蠣盛り合わせ(6ピースプレート/2,480円)」をはじめ、素焼き、焼き牡蠣、ワイン蒸し、オイスターカクテル、バターソテー、カキフライまで楽しめる大人気のセット「オイスターコンプリートセット(お1人様3,980円/2名様~)」も登場!1/13までの期間限定なので、食べ逃しなく♪

 

※同店で提供の生牡蠣は、“自社の浄化センターを経由し行政よりもはるかに厳しい安全安心基準で検査している”とのこと。だから、思う存分楽しんじゃっても「いいんです!!」

 

検査結果は毎日店頭で開示してるみたいですよ。詳細はHPをチェック!

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

『人形町 北浜』横浜店

 

ジョイナスの地下でこの割烹然とした雰囲気は、個人的にはすごく新鮮でした。

店長さんも気さくに、でも熱心に取材に応えていただき、本当に勉強になりました!

 

こだわり味噌とバターの牡蠣鍋はもちろんのこと…

よせ鍋!(コース/6,500円)

 

すき焼き!(コース/5,800円)

 

その他、黒豚しゃぶしゃぶ(コース/4,500円)などもあり、この季節にぴったりの鍋メニューが満載♪

 

しかも、各コースに+1,500円or2,000円or2,500円で、飲み放題プランもつけられます!

2,000円以上なら…

 

「アサヒスーパードライ エクストラコールド生」が飲み放題♪♪♪

あつあつのお鍋との相性抜群ですよ!!

詳細はコチラのサイトを要チェックです〜

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

『かき小屋』横浜・八景島海の公園店

 

 

シーサイドラインで八景島近くになると、このカラフルなテントが見えるはず!

この写真の日はまだプレオープンだったので人もまばらですが、週末は行列が見えちゃうかも…?

でもやっぱり、本場広島のかき小屋がここ横浜で楽しめるとあれば、人気がでるのも無理ないですよね♪

 

 

メニューはこんな感じですが、何せ扱っている魚貝の鮮度がハンパないっ!

“お値段以上”なんてどこかのフレーズが思わず口をつく、贅沢なひとときを楽しめるはずです。

 

野菜などその他の食材の多くは“地”のものを使っているとのこと。

公益財団法人『横浜市緑の協会』が主催とあって、八景島の冬を盛り上げるだけでなく、地元全体を盛り上げる良いきっかけになっていると思います。

 

※「はじめてのかき小屋体験」な人にワンポイントアドバイス。(かく言う私もその一人)

焼き方が書いてあるチラシももらえるので、ほとんどの人は多分大丈夫です。…が、私のような不器用な人のために写真でご説明を。

①貝先の右側からナイフを入れて…

 

②中央まで切り、やや右側に貝柱の感触があったらば…

 

③貝柱を切れば、パカっと牡蠣さんがお目見え♪

 

「この流れをスムーズにやると、女にモテるんだよ(ニヤリ)」と店長さん。

「アッ、アザ〜っす!!!(敬礼)」と私。

 

本場広島スタイルのこの腕、どこで披露してやろうか…(ニヤリ)

※この詳細は書いてませんが、お店の詳細はコチラっす!!!

 

 

ではまた来年お会いしましょう〜♪

編集部Sでした!!!