ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > “野毛山”?“天国”?『アルペンジロー』でどこに登る?

“野毛山”?“天国”?『アルペンジロー』でどこに登る?

2013年7月4日

 

『アルペンジロー』。その店名からは、およそカレー専門店とは想像がつかないですよね。

“ジロー”は、同店の独特のカリーを産み出した、代表取締役の沼田治郎さんからとられたもの。

では“アルペン”は?

 

沼田さんは、昭和46年から『アルペンジロー』の開店前まで、群馬県は尾瀬のスキー場でロッジを経営していたのだそう。

その当時の面影やおもてなしの心が、山小屋風の外観から内観に今も息づいているのだ。

カレーとともに供されるご飯は、飯盒で。ワインは水筒で出てくるなど、粋な演出も楽しい。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

そして、例の“野毛山”から“天国”のお話。

 

 

すべてのカレーで辛さをチョイスできるのだが、そのネーミングがまたしても遊びごころ満載である。

取材前、はじめてお邪魔した時に隣の先客が「キリマンジャロで」とか言っていたのには、

「いきなり食後のコーヒーの話!?」と驚いたものだ。

 

かく言う私は「エベレスト」から登頂したのだが、

誌面でも紹介した通り辛さを売りにした味ではないので、それほど辛いとは思わなかった。

その後「天国」にも挑んだが、これも辛くてどうにもならないというものではなかった。

「自分の辛さっていうものが、一番良いみたいですね。美味しさが倍加するんです」と沼田さんがおっしゃっていたが、

それを見つけるのもまた楽しみなのかもしれない。

 

常連さんの中では、「エベ天(エベレストと天国の間)」とか「W天国」といった

裏メニューならぬ“裏山”に登っている人も多いようだ。

 

私自身は、甘く感じるかな?と思いつつオーダーした「富士山」こそ、

『アルペンジロー』の魅力を最大限に楽しめるものだと、今のマイブーム的に思っている。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

具のメニューリストは、こんな感じ。

 

 

はじめて食べた「若鶏」から、いまだに浮気していない。

どうにも他の食べ物になってしまう気がして、挑戦できずにいる。

気持ち的にもお財布的にももっと大きな人間になって、いろんな具に挑んでみたいという野心は、

男たるもの大切にしたい。

 

 

ただ、個人的にどうしても譲れないのが、「席」。これはカウンターが良いんです。

 

 

カウンターはオープンキッチンになっていて、選んだ具はここでシェフが調理してくれる。

人気店ゆえに、大概お店は混んでいることが多いが、

ゆったりとした大きめなアンティーク調の椅子に腰掛け、

カリーの香りやフランベされる音を目の前で感じていると、その待ち時間もまた楽しい。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

粋な演出ということで言えば、店を出る時のこと。

店員さんが「ありがとうございました」ではなく「お気をつけて〜」と言うことがある。

沼田さんいわく、「日々の日常やそのしがらみの中で頑張っているお客様に、

一瞬でもその俗世間を忘れて、ただただ美味いって感じてほしい」という思いが込められているのだ。

 

「毎日を頑張って、また来たい」

そう思えるお店ができた喜びを感じられるのが、『アルペンジロー』である。