ホーム > 編集部こぼれ話「PLUS Chat」 > 『霧笛楼』のフレンチカレー、作ってみました!

『霧笛楼』のフレンチカレー、作ってみました!

2013年7月4日

 

『霧笛楼Café Next-Door』のフレンチカレー。

おいしくいただいてしまった編集部Sですが、

実はこのカレー、レトルトでも販売しているってご存知でしたか?

霧笛楼フレンチカレー(1箱840円)

http://www.mutekiro.net/category/RETORT01/1014001.html

 

「レシピもHPに載ってますので、ぜひ作ってみてください!」と総料理長の今平さんから聞いていた私は、

もう一度あの感動を再現すべく、キッチンに立つことを決意しました。(普段料理は一切しません…)

 

商品は上記のウェブサイトからも買えるのですが、霧笛楼の各直営店などでも販売中とのこと。

今回はそごう横浜店のB2Fの店舗にて購入しました!

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

まず箱を開けると、レトルトが2袋お目見え。ポタージュとルーが分けられているんですね。

これは温めるだけなので簡単!熱湯に同時投入して湯煎でOK♪

これは後回しにして…。

 

 

問題はライスとなる炊き込みご飯の準備。

まっとうに作るとなると、こんな感じになるようです。

「ふむふむなるほど、これなら簡単!」

と言ったのは妻でして、私にはちょっとハードルが高そうでした…

 

 

しばし途方に暮れる私。とそこに、妻が「これ使ってみたら?」と救いの手。


レトルト炊き込みご飯登場!!(そういえばキッチンの片隅にいたよな…)

これなら、

①ジャーに「水」「セットのお米&具」を入れる

②スイッチオン

③炊きあがり

の3ステップで完成♪ 絶対に誰でもできます!

今回は、さすがに赤飯に合わせる勇気はないので、松茸ご飯をチョイス。

霧笛楼×松茸なんて、豪華すぎる!!

 

 

で、完成!! 器は「ニト●」と庶民的(笑)

 

気になるお味はというと、

カレーはもう流石としかいえない高級感あふれる濃厚さが美味。

お店の味がかなり再現できてるんではないでしょうか?

炊き込みの松茸ご飯自体が期待ほどの香りがなく、カレーの存在感が圧勝した感じはあるものの、

炊飯ジャーでも少しおこげができた箇所があって、そことの相性は抜群でした♪

所要時間は約40分。大半は炊き込みご飯待ち。

 

結論としては、納得の美味!

ちゃんと炊き込みご飯を作れば、もっと美味しくいただけそうなので、

季節の食材を使って、オリジナルのレシピを追求してみるのも良さそうですね♪

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

取材協力/霧笛楼Café Next-Door

http://www.mutekiro.com/cafe/cafe.html