ホーム > アーバンプラス特集記事 > やっぱりナポリタンが好き!

やっぱりナポリタンが好き!

2013年4月4日

やっぱりナポリタンが好き!

 子どもの頃みんな食べた懐かしのナポリタン。どこの喫茶店にもたいていあって、子どもから大人までみんな大好き! 庶民の味です。
 実はナポリタンはここ、横浜で生まれました。その歴史を振り返ると、第二次世界大戦の終戦後、進駐軍に接収されマッカーサーも滞在したホテルニューグランドで、2代目総料理長・入江氏が、米兵の食べていたスパゲティーからヒントを得て作ったのが始まりだそう。
 そんな横浜に深い縁を持つナポリタンを、アーバン編集部がここ〝横浜〟から独断で選び紹介します。
 ニューグランドから引き継いだ味を、下町・野毛で広めた老舗洋食店「センターグリル」、カフェではなくあくまで喫茶店の立ち位置をつらぬく「ぱぁらーIZUMI」、古き良きファミリーレストランの気安さとこだわりの「レストラン オークラ」。
 扉を開けば、そこは昭和とナポリタンの香り。ちょっとディープな横浜を、あなたも覗いてみませんか。

あの一皿が食べたい。。。横浜×ナポリタン

ふと食べたくなるあのお店のあの味。時代に流されることなく、真摯に作りつづけ、愛されつづけるスタンダードがここにあります。

 

センターグリル

ナポリタン

 

 

 

 

 

 

ナポリタン
700円(税込)
下町の洋食屋です。昔懐かしい味がたくさんあります。石橋社長
センターグリル店内

ナポリタン発祥の「ホテルニューグランド」のレシピを引き継ぎ、下町の洋食屋として初めてナポリタンをケチャップで作り始めた「センターグリル」。 戦後まだ食材が豊富にない時代、「お客さんにお腹いっぱい食べてもらいたいから」と先代が作ったナポリタンは、お皿いっぱいに盛られた懐かしい味。その味を慕い若い人やサラリーマンから、親子四代でお店に来る方もいるそう。

「ナポリタンへのこだわり?昔から愛され続ける料理を、昨日と変わらない味で今日もお出しすること。ただそれだけです」

と社長の石橋さん。もちもちの食感がたまらない太麺を、時代に合わせ細くすることも考えたというが、「変わらぬ味」を求めて来店するお客の多さに、味を守り続けることにしたという。引き継がれる伝統の味という先入観なしに、ただ味わってほしい。

住所/
横浜市中区花咲町1-9
営業時間/
11:00~L.O.21:15
定休日/月曜日
tel./045-241-7327
店舗ホームページ

レストランオークラ

ナポリタン

 

 

 

 

 

 

ナポリタン
980円(税込)
4月より色々な食材を使ったナポリタンフェアをスタートします。 石原シェフ
レストランオークラ店内

綱島で46年間、町が発展する様を見守ってきた同店。店内は、家族連れや友人同士で昼に入店し、午後の時間をゆったり過ごすという趣。創業当時から愛され続けるナポリタンは、同店で一番の人気メニューだそう。ソースはケチャップだけでなく一週間煮込んだデミグラスソースを合わせ、定番の具の他に椎茸・しめじ・エリンギと3種類の茸が入った濃厚な味。「ここのナポリタンが食べたい」と来店するお客も多いという。店長の井上さんは

入社してから30年余り、昔はこの周りも田んぼや畑でした。当店のお客様は、昔からいらしてくださる方が多く、お子さんが都市部に出て結婚し、家族連れで帰省してみなさんで来店されることも多いですよ」。

昔のまま安心できる懐かしい場所として、これからも「第二の故郷」の味を守り続けていくだろう。

住所/
横浜市港北区樽町1-22-24
営業時間/
9:00~25:00(L.O.24:00)
定休日/年中無休
tel./045-531-7619
店舗ホームページ

コーヒーパーラー泉

ナポリタン

 

 

 

 

 

 

ポラタ
850円(税込)
コーヒー・サラダ付
ポラタはもちろん、当店では「クリームあんみつ」や「パフェ」も人気です。今の季節はクリームあんみつのアイスが桜アイスに。 八亀店長
コーヒーパーラー泉店内

昭和42年創業。当時は南太田駅まで「徒歩10歩」の距離にあり、「電車が入ってくるのが見えてからお店を出ても間にあった」という。このお店のナポリタンはなぜか「ポラタ」と呼ばれる。由来を聞くと、

「よくは分からないんですが…ウィンナーが入っているソースを『シポラタソース』といって、ウィンナーが入っている→ポラタと呼ばれるようになったそうです」

と2代目オーナー。地元のお客が多いという同店のポラタは不動の一番人気で、しっかり炒められた細めの麺にウィンナーとベーコン2種類の旨味、ブラックペッパーが香ばしく食欲増進。忙しない外界から隔絶したような店内は、午後の日差しにまどろみながら時間を過ごせる場所だ。

住所/
横浜市南区南太田1-27-10
営業時間/
8:00~L.O.20:30
定休日/不定休
tel./045-713-7722
詳細はこちら

【WEB限定】編集部こぼれ話を公開中!

記事では見えないリアルな取材風景。
残念ながらカットしたあんなネタ、こんなネタ。
そこはかとなく書きつくった今回の「編集部こぼれ話 Plus chat」はコチラ↓↓

懐かしのあの食べ物は横浜発だった!!